The MBTimes

  * 注目馬 *

サトノクラウン(牡)2012.03.10.
クニャクニャ動く、全身バネのようなのか、結構イレ込んで、頭を振り、クニャクニャ動いて、宝塚を勝った。要観察。馬体は素晴らしいが、、、後躯の幅がもう少しあればパーフェクト。2017.06.25. 宝塚記念 1着

  * 新馬 *

デルニエオール(牝)2015.03.04.ステイゴールド x オリエンタルアート全兄弟:ドリームジャーニー、オルフェーヴル、リヤンドファミユ、アッシュゴールド、オルファン:父ステイゴールド2015年2月5日死亡(21才):母オリエンタルアート同年2015年3月7日、第11子である本馬出産3日後、子宮穿孔(センコウ)による腹膜炎のため死亡(18才) 新馬戦パドック映像<https://www.youtube.com/watch?v=DtgjYW-gkkM&feature=youtu.be>
2017.09.10. 2才新馬阪神6R・牝馬限定・芝1400-1着(池添謙一)408kg
二着馬432kg三着馬494kg

ジナンボー(牡)2015.03.08. ディープインパクト x アパパネ
父母共に金子氏所有馬、堀厩舎-主要調教助手担当!
2017.06.11. 2才新馬東京5R芝1800-1着(デムーロ)

レーツエル(牝)2015.02.24.  父マンハッタンカフェ(キャロット・伊藤大士(美浦)パドックでは、3才馬かと思うほど馬体が立派、抜けてる
2017.07.02. 2才新馬(474kg)福島5R芝1800-1着(北村宏司)



  * ロードカナロア 産駒たち *

トロワゼトワル(牝)2015.02.28.
母セコンドピアット(ハーツクライ)社台レースホース・安田隆行(栗東)
父親似の短い背で、マイラーな馬体
2017.07.02. 2才新馬中京5R芝1600-1着(福永祐一)

レッドシャーロット(牝)2015.01.27.
母シルバーフォックス(クロフネ)東京HR・広野靖志(栗東)
2017.07.02. 2才新馬中京5R芝1600-2着(デムーロ)
2017.07.16. 2才未勝利中京1R芝1400-1着(デムーロ)

ハウナニ(牝)2015.01.26.
母ユキチャン(クロフネ)シルクレーシング・手塚貴久(美浦)
2017.09.03. 2才新馬新潟6Rダ1200-着(内田博幸)


  * オルフェーヴル 産駒たち *

ロックディスタウン(牝)2015.02.15.
母ストレイトキャット(Storm Cat)サンデーレーシング・二ノ宮
2017.08.06. 2才新馬新潟5R芝18001着(ルメール)
2017.09.02. 札幌2才ステークス(GV)芝18001着(ルメール)

クリノクーニング(牝)2015.04.03.
母クリノビスケット(パラダイスクリーク)栗本博晴・須貝尚介(栗東)
2017.07.09. メイクデビュー函館5R芝1800-R1着(北村友一)
2017.09.02. 札幌2才ステークス(GV)芝1800-2着(北村友一)


モカチョウサン(牝)2015.04.03.
母プジュリ(ダンスインザダーク)チョウサン・中館英二(美浦)
皮膚感、色、骨格が父似で、完歩の幅が見事に広く、期待させる。
2017.06.24. 2才新馬東京5R芝1600-4着(吉田豊)
2017.08.05. 2才未勝利新潟1R芝1800-2着(戸崎圭太)

デュークストリート(牝)2015.03.15.
母クォリティシーズン(トワイニング)吉田照也・中館英二(美浦)
2017.07.01. 2才新馬福島6Rダートー10着(戸崎圭太)
2017.07.30. 2才未勝利新潟2R芝160011着(北村宏司)

ラブザワールド(牝)2015.04.13.
母ドナパフューム(Bertolini)山口祐介・黒岩陽一(美浦)
2017.07.02. 2才新馬福島5R芝1800-7着(石川裕紀)
2017.07.15. 2才未勝利福島5R芝1800-15着(武藤雅)

マイネルミシシッピ(牝)2015.04.16.
母エーシンメンフィス(Medaglia d'Oro)ラフィアン・畠山吉宏(美浦) 
2017.07.02. 2才新馬福島5R芝1800-14着(柴田大知)


  * トピックス *

伊崎周五郎の名言S
・中山金杯は「金田中」に関係する
・雨の日は「セン馬」
・今年の下半期は「数字に直せる馬名」がくる
2018年のダービー馬は「」から始まる馬名(2着かも)
・外枠の良血馬(母方)に注意
・酉年のダービー馬は「ト」がつく(馬名・騎手・調教手・オーナー)
・辰年は「ラ」

GI距離適性(種牡馬)
・ディープインパクト: 1600m
・ハーツクライ:  2400m
・ステイゴールド:  3200m
・フジキセキ:  2000m
・マンハッタンカフェ

春は恋の季節
天皇賞(春)(2014年5月4日)7着に破れたゴールドシップのジョッキー C.ウイリアムズがレース後に「ゴールドシップは嫁さんを欲しがってる」とコメント、また、オークス、秋華賞、エリ女の、V3を達成して最優秀3才牝馬に輝いた メイショウマンボが 産経大阪杯(2017年4月6日)8頭立て中7着に終わった。トレーナーは「厩舎の引っ越しでバタバタしていたことが影響してか、体重は8キロ減、牝馬特有の季節的なもの(フケ)もあって。ケアしてあげられなかったのは力不足です」とコメント
恋の季節のレースには、そういった点も留意すべきかと、、、





    <血統

OrientalArt(オリエンタルアート):首が強い
子に受け継ぐ、速度に係る

Halo:血液が重なると「運動神経が鈍くなる」ことがあるらしい