ホーム > 著作権
 ☆ バードランドのホームページに関わる 著作権について ☆

 このウェブサイトに関するすべての著作権は妻鳥純江及びバードランドに帰属します。
 事前の承諾を得ることなく、このウェブサイトに掲載または表示されている著作・写真・イラスト・ロゴ・文書・などの全部または一部を
 いかなる形式または手段によっても複製・改変・転用等はご遠慮ください。

 ☆ 著作権について
著作権とは: 著作者が著作物に対して持つ権利;

著作物とは: 著作権法の中で 『思想または感情を想像的に表現したものであって、文芸、学術、美術または音楽の範囲に属するものをいう』 と
         定義されているので、文章、楽曲、歌詞、絵画、写真、イラスト、デザイン などが著作権の対象となる。

著作権の発生: 著作権は基本的に著作物を創作した時点で自動的に発生します。

日本の法律では ”Copyright” の記述の有無に関わらず、創作の時点で著作権が自動的に発生しますが
 「合法的な著作権があります」という意思表示のためにも、記述しておいた方が良いでしょう。

Copyright・(C) の意味: ”Copyright” は英語で著作権の意味; ”(C)” はその略記号
≪Copyright(C) 1986-2009 Sumie Tsumatori; Birdland Golden Retriever. All rights reserved.≫ と記載してあれば
「1986−2009」初版発行年と最終更新年; 「Sumie 〜 Golden Retriever」著作者; 「All right reserved」すべての権利を持っています;

著作権の有効期限: 著作権(財産権)の有効期限は原則として「著作者の死後50年」です。

違反すると: 著作者が訴訟をすると、3年以下の懲役または300万円以下の罰金、および損害賠償の可能性があります。

著作権以外の権利: 「商標権」商品名や社名などに関する権利; 「特許権」発明に関する権利で特許庁への申請が必要;
             「パブリシティ権」芸能人写真などに関する権利; 「肖像権」など様々な合法的な権利があります。

 ☆ 著作権法(日本)
法令番号: 昭和45年法律第48号
効力:    現行法
種類:    知的財産法
主な内容: 著作権の内容、発生、効力など
関連法令: 知的財産基本法
条文リンク: 著作権法

『著作権法』 は知的財産権のひとつである著作権の範囲と内容について定める法律です。

≪沿革≫
日本は文学的及び美術的著作物の保護に関するベルヌ条約加盟に合わせ1899年(明治32年)に著作権法を制定した。
現行の著作権はこれを全面改正したもので、1970年に「昭和45年5月6日法律第48号」として制定された。

≪内容・構成≫
第1条(目的): 著作物ならびに実演、レコード、放送および有線放送に関し、著作者の権利及びこれに隣接する権利を定め、これらの文化的所産の公正な利用に留意しつつ、著作者等の権利の保護を図り、もって文化の発展に寄与することを目的とする。」と定める。 第18条以下で著作者人格権を定めている。第21条以下で財産権である著作権の支分権を規定している。第50条以下で著作権の保護期間に関して規定される。第63条で利用の許諾についてなどの条文がおかれている。

≪具体的に≫
著作権が侵害された場合の救済手段として差止請求権が明文で認められている。損害賠償請求は一般法である民法の規定によるが、損害額の算定に関して、特別の規定が設けられている。さらに、権利侵害に対してはで刑事罰も規定されている。
特別な主体のみに適用される法律ではなく日常的な生活において、職業を問わず著作物に接する機会があるにもかかわらず、その内容は必ずしも直感的に明確で はない。そのため、「所有権」と「特許権」を混同されがちである。「利用」と「使用」、「引用」と「転載」などの使い分けが理解されていない。など、著作 権の内容を知らない人が多いと言う問題点がある。