”ブリーディング” ということについて
Allabout Golden
Home
 チャンピオン・タイトル

純血の犬を購入すると血統書を一緒に貰います。 その血統書に載っている先祖犬について よく調べて正しく使うなら、血統書は繁殖計画の貴重な資料となりますが、ほとんどの人にとっては ただ単純に、先祖犬が持っているタイトルを見てチャンピオン犬の数に満足しているだけでしょう。タイトルに喜んでいる人も、それを取得するのがどれほど大変なことなのか分かっていないかも知れません。  タイトルは犬の質に係わるものですから、もちろん重要です。 しかし、チャンピオンであるという たったひとつの データーでしかなく、タイトルを持っている犬が どんな容姿をしているのか、どんな遺伝的な問題を持っているのか、どの様な犬の影響を受けているのか、良い肩をしているのか、トップラインは強いのか弱いのか、頭部は良いのかなど、その犬の実際については何も分かりません。

しかし、ブリーディングをするとなると話しは別で、血統書に載っている それぞれの犬について、このような重要な情報は 知っておくべきです。 なぜタイトル以上のことを知る必要があるのでしょうか。 チャンピオン犬であれば 良い犬に違いないと思われているかもしれません。 大多数のチャンピオン犬に、その犬種を代表する価値があるというのは残念ですが必ずしも真実ではありません。
実際には良い犬ではないのに タイトルを獲得している犬も少なからずいます。 まったくチャンピオンになれそうにないような犬が2年も3年もドッグショーに出場してタイトルを完成させていることもあります。 遺伝的な問題を持っているチャンピオン犬もいます。 ですから、チャンピオン・タイトルだけでは何も分からないのですが、そんな犬と交配させたいですか?

例えば、股関節形成不全症は ゴールデンに多い問題点として注目されてきましたが、チャンピ オンで股関節形成不全症の犬も数多くいます。 股関節形成不全症の犬でも、他に素晴らしい部分を 持っている犬は繁殖すべきだと 思っているブリーダーもいます。 これは、それぞれのブリーダーが 基本的な知識に基づいて決めることです。 また、兄弟犬や両親犬については何も知らないけれど、 その犬に股関節の問題がないからといって 使用するのも情報不足に違いないことは確かです。

日本にゴールデンが入ってきた初期の頃、アメリカ・チャンピオンの牡犬で、その犬自身はOFAフェアー の証明書を持っていました。 当時、アメリカ・チャンピオンの牡は数頭しかいません でしたから、その犬は種牡として多くの牝犬に交配をしました。 そして、その直子のみならず、子孫にまで延々と股関節形成不全症が遺伝していきました。

≪≪ この件については、私自身 直接米国へ出掛けて、主要なブリーダーやブリーダー・ジャッジに聞き取り調査をしました。 当該牡犬の子に、ほぼ100%股関節形成不全症が出ることについては、米国でもよく知られていました。 だからこそ「無知」な日本に高額で売り渡したのでした。
事の経緯を知った私は、当然、ゴールデン・レトリバー・クラブオブアメリカ(GRCA)の倫理感に訴えるべく書面で抗議をし、後日GRCAの会長から、以後の対処について書面で説明を頂きました。 その後、輸出の際には股関節、目、心臓の証明書を付けることが厳しく管理されるようになりました。≫≫

このように、当該犬には現れていなくても、子孫に遺伝が現われる場合があります。 ですから、確実性を高めるために、牡犬に股関節形成不全症の問題がなく、その兄弟や先祖にも病気がなく多くの優れたところをもった確実な種牡を使のが最善の方法です。 股関節形成不全症や心臓疾患、それに目の問題などを考えるとき、その犬に、この様な問題があるかどうか調べる関係機関があります。 以下はいづれも米国の第三機関です。

 OFA (Orthopedic Foundation for Animals/動物のための整形外科学基金)
 CERT (Canine Eye Registry Foundation/犬の視力調査基金)

その他の遺伝的疾患といわれる 単睾丸、潜在睾丸症、てんかん、血液の不適合などについては それ程簡単に調べることは出来ませんが、甲状腺疾患、心臓疾患については 米国の大学病院では 検査が出来るようになり証明書を出してくれます。 残念なことに日本は米国の比ではありませんが いくつかの動物病院で股関節形成不全症について、独自の証明書を発行するところも出てきています NPO法人 《JAHD》 日本動物遺伝病ネットワーク (Japan Animal Hereditary Disease Network) では 股間節、肘関節、膝関節の診断と評価および登録をしてくれます。 その評価の証明書を提出すれば JKCの血統書に記載してくれます。

自分の犬に、この様な疾患がある犬を交配しようとは誰も思わないでしょうが、血統書に載っている犬 だけでなく、その系統の犬についても タイトル以上のことを詳しく知る努力をすることが大切です。
この様な情報を提供するのは誰しも 気が進まないことですから、交配の申し出をするときなどに、  相手の犬の持ち主から、そのような情報を得るのはとても困難なことは確かです。

Allabout Golden
Home
 遺伝の法則による三つの基本

純血種の長期繁殖計画には三つの基本的な交配方法があります。 【ラインブリード】【インブリード】 【アウトクロス】 これらの方法は繁殖における遺伝の法則を簡単な概念に要約したものです。

* 【ラインブリード】 父方と母方の最初の三世代に多くの共通した先祖がいるような交配:
  優秀な牡犬を使ってラインブリーディングするので、その牡犬の名前が血統書の中に 何度も登場
  することになります

* 【インブリード】 父親犬と娘、母親犬と息子、兄妹、祖父母と孫などの交配:
  各々の犬についてや、その先祖犬の遺伝や構造上の欠点について熟知しているブリーダーが
  何世代かのラインブリードの間に行う交配ですが、日本の代表的な登録機関であるJKCでは
  親子で交配するときや、同胎の兄妹で交配するとき、もしくは父犬が同じで母犬が違う兄妹や
  その逆の場合などの交配をする場合には事前に申請することが必要

* 【アウトクロス】 最低四世代の間に何のつながりもない牡犬と牝犬の交配:
  血統書の牡側の家系にも牝側の家系にも同じ犬の名前が出てこない
  つまり、共通の先祖がいないもの同士の交配

一般的に、血のつながりが遠いほど 交配によって、子犬の有する遺伝子貯蔵庫 (ジーンプール)は 大きくなり、血のつながりが近くて血液が濃くなるほど 有効遺伝子の数が少なくなって、よく似た子犬 が出来ると言われています。 インブリーディングではジーンプールは明らかに小さくなり、一胎子間 の子犬はそっくりになります。 ラインブリーディングされた種牡は ある部分の遺伝力が優越して いて、牝犬にその部分が優性遺伝する傾向があります。 ラインブリーディングされた牝犬にも同じ ことが言えます。 もし子犬に もっと良い形の頭部を望むなら、その様な牡を選ぼうとすべきで、そう すれば良い形の頭部の優性遺伝によって改良されます。 改良が必要な、どの部分の問題に対して も、同じです。 残念なことに、同様にして望まれない部分が遺伝している牡犬もいます。

民俗学的には、我々が行っている ラインブリーディングや インブリーディングのような、近親相姦は 避けるべきだと言われています。 理由はジーンプールの大きさが減少し、潜在している劣性遺伝の 問題が増加するからだそうですが、その様な形の繁殖を 『併殺』 もしくは 『悪い遺伝子を強くする』 といいます。 しかし逆もまた真なりで 『良い遺伝子も強くする』 ことにもなります。 系統の作り方が素晴しい 最高級の二匹の子犬で、血液の近いもの同士を繁殖したとすると、本当に 素晴しい子犬を作り出す可能性があります。 この強化によってブリーダーは子犬が受け継いだ病気 を注意深く調べ、系統的に現れた遺伝的な問題に気づかされます。 もし子犬に病気がなく学説的に 疾患の問題から解放されていたとしても、彼らの血液は純粋ですから 将来の世代に そのまま受け 継がせていくことは無理でしょう。 一胎子の中の何匹かに問題がなくても、必ずしもすべてに問題が ないとは限りません。 遺伝的な問題のいくつかは、その犬が年をとるまで現れないことも事実です。

実際には、特別に秀でた犬だけを自分の系統にラインブリーディングすべきで、良くない犬のラインに 良くないラインを掛け合わせると、当然もっと質の低い子犬を作り出すことになるのは確実です。 別の言い方をすれば、特に秀でた犬と特に秀でた犬を ラインブリーディングすると、特に秀でた犬を 作り出すことになるわけです。 その先祖犬が最高の犬であって、遺伝的な問題を持っていないとき は 《運が良かった》 と言えるでしょう。

【インブリーディング】は、実際にはラインブリーディングの最終手段です。 動物は元来 血が濃いので 例えその内の何匹かが成功して、それが何世代か続いたとしても、遺伝による問題を起こすような 子犬を作り出さないように、注意深く扱われなくてはいけません。 この問題は、先祖犬とその欠点を 知ることによってのみ避けることが出来ます。 《ブリーディングとは》 ラインブリードとインブリードを注意深く用いて、時によりアウトクロスを交えながら 系統を改良していことです。

【アウトクロス】に関しては多くのことが言われていますが、これは遺伝的な問題の発生を防ぐ ひとつの 方法と言えます。 ラインブリーディングを主流にした繁殖で 遺伝子貯蔵庫 (ジーンプール) が縮んで 弱くなるのを防ぐために、系統に 『新しい血液』 を入れるために、時々アウトクロスをします。
アウトクロスは 遺伝子貯蔵庫を拡大するために用いられ、従って、遺伝子的な問題は減少します。 完成された系統の欠点や 弱点を補うためにも用いられます。 それぞれが まったく違う系統でライン ブリーディングされた犬同士を アウトクロスすると、素晴らしい子犬を作り出すことが良くあります。
両親犬が各々の系統を代表するような 優れた犬の場合は 特にそれが言えます。 その様な繁殖で 生まれた子犬は基本に立ち戻り 系統に 『新しい血液』 を確立します。 その子犬を客観的に見ること によって、それぞれの両親犬のそれぞれの系統の 《強いところ》 と 《弱いところ》 の層の厚さにもう 一度気づかされます。

自分の系統は頭部に欠点があり、他の系統に素晴らしい頭部があるとする と、良い頭部にするために優性遺伝と証明された確立された頭部をした、その系統の牡犬を自分の 牝犬に交配しようとするでしょう。 この交配の結果、一匹か二匹の子犬は期待した頭部をしてること が予測され将来、自分の系統にもっと良い頭部をもたらす方法として、その子犬を今度は自分自身の 系統の牡で繁殖することでしょう。

Allabout Golden
Home
 最も重要なこと

 優れたブリーダーにとって重要なことは、彼らの犬の系統の各々の先祖犬について名前やタイトル以上のことを知ろうとすることです。 それらの犬が どの様な子犬を作り出すかと言う実用的な知識は、彼らの繁殖用の犬の個々の改良方法にあります。 しかし、残念なことに知る必要がある主要なことは本には書いていないのです。

この最も重要な知識を手に入れる最良の方法は 経験に従うことで、もし貴方が全ての系統の犬、もしくは、ほとんどの犬を個人的に知っているのであれば、系統に関する情報を用いる最善のところにいることになります。 この様な情報を収集するには、確実に多くの年月を要します。
それは、ほとんどの人には無理なことですから、多くの人は、その他の方法に頼るしかありません。 先ずひとつは、より繁殖経験の豊かな人に話を聞いて学ぶ方法です。 これにも、ある程度の時間と努力が必要です。 大切な情報を教えてくれるようになるまで信頼関係を築く必要があるでしょう。
情報を提供することに不本意なのは、こういった情報を間違って使用する人がいるからで、いやな思いを何度となく繰り返した結果によるものだと 推測できます。 用心しなくてはいけないのは、こちらが思っているほど知識を持っていないのに、知ったかぶりをする人や、それ程良いとは思えない犬を持っていて知ったかぶりをする人です。

ほとんどの場合、犬はブリーダーにとって家族の一員ですから、犬に対するオーナーの感情は彼らの子供に対する感情よりも強いことがあります。 違うと分かっていても 自分の子供が完璧だと思ってほしいのと同じように、我々の多くは自分の犬が完璧だと他の人に感じてほしいのです。 自分の犬の欠点を認めようとしないことが、自分の犬の子孫に遺伝的な欠点を受け継がせてしまうようなことになります。 個人的に親しい友人や、家族に分かっているような欠点でも 『公衆』 に知られるのは気が進みません。 他人に子供や犬について陰口されることを望む人はいませんから、例え真実であっても、そう言ったことに対して防衛的にならざるを得ません。 このとても人間的な行為が、個々の犬の問題点についての情報を入手しにくくし、結果的に賞歴以外に分かることが少なくなってしまいます。

他人の犬を大勢の人たちの面前で やたらに誉める人がいます。 そういう人は、他の人をうらやましがらせるためだけの行為で、人の犬を誉めるのです。 ひどい人は自分の犬を悪く言ったりもします。 他の多くの人は犬の問題について本当の知識は持っていないのに分析したがり、その犬に欠点があるかのように断言し、嫉妬心をあらわにします。 これが噂の始まりになります。 探し求めている知識に信憑性を得たら、わけの分からない人たちに情報を提供して彼らを惑わすことはしないことです。 本当のことを知らないで 『たぶんこうだろう』 と思っただけのような知識をひけらかさないこと。 与えた情報を適切に使ってもらえると確信したときには、ブリーダーは喜んで必要な情報を提供するでしょう。 そして、情報提供したブリーダーは 教えた通りにやってほしいと期待する権利があることを、念頭に置いておいてください。

Allabout Golden
Home